まつげエクステのスクールでアイリストに必要な資格を取得しよう

技術力の証明

女の人

専門的な技術の資格を取得することで、就職に有利になることが多く将来への安心が得られます。専門的な技術の資格は数ありますが、特に女性に人気な資格がネイリストの資格です。ネイリストの資格を取得していれば、ネイルサロンでの勤務はもちろんですが、自宅でネイルサロンの開業をすることもできます。今や幅広い年代の女性の間で楽しまれているネイルアートなので、ネイリストの重要が大きいことも魅力のひとつです。日本で有名で受験人数が多いネイル検定は日本ネイリスト協会が実施している、ネイリスト技能検定試験です。1~3級まであり、3級は義務教育を終えた人であれば誰でも受けることが可能です。2級は3級の合格者のみ、1級は2級の合格者のみが受けることができます。3級はネイリストの基礎となるレベルの試験ですので、余裕を持って合格できるとよいです。1級を取得できると、最高レベルの技術を持ったネイリストであることが証明できます。ではネイル検定の試験は、どのような内容で行われているのか確認していきましょう。ネイリスト検定は実技試験と筆記試験の両方が実施されます。実技試験に関しては、ご自身の家族や友人にモデルになってもらい行います。試験日当日、試験会場へ一緒に来てもらって実技試験をすることになるので、モデルになってもらう方のスケジュール確認をしっかりしておく必要があります。採点の基準は細かく分かれており、ネイルに施術を行う際のテーブルセッティングまで見られます。各項目1~5点で採点されていき、合格基準となる点数は50点満点中38点以上となります。また、失格となってしまう項目もあり、失格項目に該当する行為があった場合には点数に関わらず不合格となってしまいます。このネイリスト技能検定試験以外にも、ジェルネイルの検定やバイオスカルプチュアジェルといった専門技術の試験などもあります。自分の技術力の証明となるものなので、ネイリストを目指す方はぜひ挑戦してみてください。